コンサルティングメニュー
№308 企業の成長戦略(1)
2016年8月 8日

V社本部長から質問がありました。
成長戦略を考えたいけれども、成長戦略とはなんですか?
業種業界、規模が異なる企業間で各社の成長の定義は異なると思います。
第一パターン:「売上の伸び率」が成長率と定義できる企業
第二パターン:「粗利の伸び率」が成長率と定義できる企業(製造原価、工事原価がない企業)
第三パターン:「限界利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
第四パターン:「営業利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
第五パターン:「減価償却+税引き後利益の伸び率」が成長率と定義できる企業

V社は製造加工があります。
設備投資=固定費増が多く無い場合は
第三パターン:「限界利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
と思います。

新工場、新機械設備による固定費増が多い場合は
第四パターン:「営業利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
第五パターン:「減価償却+税引き後利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
を選択します。

特に、借入金による設備投資の場合は
第五パターン:「減価償却+税引き後利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
の選択をお勧めします。

自社の条件が
第一パターン:「売上の伸び率」が成長率と定義できる企業
の場合は、このままで構いません。
しかし、マーケティングの成長戦略は、財務と結びついていない解説が多いです。
実際、90%以上の企業は、金融機関からの借り入れをしています。
又は、過去の返済を早く終わらせようとする会社も多いです。

ほとんどの企業では
第二パターン:「粗利の伸び率」が成長率と定義できる企業(製造原価、工事原価がない企業)
第三パターン:「限界利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
第四パターン:「営業利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
第五パターン:「減価償却+税引き後利益の伸び率」が成長率と定義できる企業
の選択をお勧めします。

社長の 今 打つべき手!!
(株)オンリーワン経営
代表取締役 経営コンサルタント 木村淳
(株)オンリーワン経営 代表取締役
経営コンサルタント 木村淳
SAP内部統制ソリューションコンサルタント
№307 固定費増への対応策

V社本部長からの質問です。
新工場稼働に伴い、売上目標をいくらに設定すればよいでしょうか?

損益分岐点売上高の式を使って決定します。
損益分岐点売上高=固定費÷{1-(変動費÷売上)}
又は
損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率 で計算します。

損益分岐点売上高(既存)=固定費(既存)÷{1-(変動費÷売上)}
【現状】
損益分岐点売上高3,333
固定費 1,000
売上 5,000
変動費 3,500
限界利益 1,500
限界利益率 30.0%

【試算条件】
固定費が1,000から1,500へ増える予定です。
同じ限界利益率とした場合
損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率の式を使います。

損益分岐点売上高 3,333
固定費         1,000
限界利益率         30.0%

損益分岐点売上高 5,000
固定費         1,500
限界利益率         30.0%

5,000を固定的な売上で確保することが必要です。

固定客で5,000
固定製品商品で5,000
固定客への固定製品商品で5,000
主要顧客のインストアシェアを金額計算し5,000
業界シェアを金額計算し5,000
とします。

以上から、もう一度新工場の設備を検討します。
その設備で、
固定客で5,000
固定製品商品で5,000
固定客への固定製品商品で5,000
主要顧客のインストアシェアを金額計算し5,000
業界シェアを金額計算し5,000
が可能か否かです。

顧客ニーズはなく、限界利益率の低い製品商品しか製造できない設備は不可
顧客ニーズはなく、限界利益率が高い製品商品しか製造できない設備は不可
顧客ニーズはあるが、限界利益率の低い製品商品しか製造できない設備は不可

以上で判断して下さい。

実際
新工場の設備によって、限界利益率は変化します。
A機械設備を入れた場合の、限界利益率A
B機械設備を入れた場合の、限界利益率B
C機械設備を入れた場合の、限界利益率C
と「複数案」から判断してください。

新工場の成功を祈念します。

コンサルティング料金
3.11 上場企業・連結対象企業 BCP(事業継続計画)/BCMS 【BS25999/ISO22301】 EnMS/ISO50001 FSSC22000 CFP/カーボンフットプリント(PCR作成、CFP算定、CFP申請支援) もしドラ研修 人事評価制度 コンサルタント コンサルティング SAP内部統制コンサルタント  株式会社オンリーワン経営 代表取締役 木村 淳
コンサルティング料金
2016年7月15日
項目 工数 料金(目安) 別途
回数 1回当り時間
コンサルティング
※内容により日数と
時間が異なります。
2回/月 3〜4時間 40万円 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
3回/月 3〜4時間 60万円
4回/月 3〜4時間 80万円
社員研修・
社員教育
半日日帰り 30万円 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
※1.会場・食事等 貴社お手配負担
※2.半日日帰り:研修3時間、移動時間1時間未満
 1日日帰り:研修4時間以上 移動時間1時間未満
 各研修準備工数2時間、研修報告書工数1時間含む
1日日帰り 50万円
1泊2日 100万円
2泊3日 150万円
診断・調査
(コンサルティング初月診断・調査料)
1ヶ月間 200〜300万円 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
アンケート等の入力作業代
報告書の印刷コピー代
※貴社にてお手伝い頂くケースの場合以下ご負担
アンケート入力集計作業
報告書の自社コピー・印刷
2ヶ月間 400〜500万円
3ヶ月間 600〜800万円
6ヶ月間 1,000〜
5,000万円
講演 1時間まで 5万円 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
※1時間まで:講演1時間、移動往復1時間未満
 2時間まで:講演2時間、移動往復1時間未満
 移動時間が1時間を超える場合は、1時間単位で同額ご請求致します。
2時間まで 10万円
顧問契約 1時間単位 単価5万円/1時間
×実時間=ご請求額
消費税、旅費交通費、食事宿泊料
※標準契約は10万円/2時間 月1回の経営相談業務
※1時間まで:顧問1時間、移動往復1時間未満
 2時間まで:顧問2時間、移動往復1時間未満
 標準契約以外に内部作業、移動時間が1時間を超える場合は、5万円/1時間単位で明細を付けご請求します。

専門コンサルティング

項目 工数 料金(目安) 別途
回数 1回当り時間
カーボンフット・プリント取得/PCR作成 3〜6ヶ月 200〜300万円 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
カーボンフット・プリント・システム認証 6ヶ月以上 見積もり 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
EnMS/ISO50001 6ヶ月以上 300〜600万円 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
グリーン戦略コンサルティング 2回/月 3〜4時間 30万円〜 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
中小企業版BCP 3ヶ月前後 100万円 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
ISO22301
BCP/BCMS新規作成・見直し
6ヶ月以上
(組織範囲・規模により工数見積り)
300〜600万円
ISO22301
BCP/BCMS認証取得
6ヶ月以上
(組織範囲・規模により工数見積り)
300〜600万円
FSSC
ISO22000新規作成
6ヶ月以上
(組織範囲・規模により工数見積り)
300〜600万円 消費税、旅費交通費、食事宿泊料
FSSC
ISO22000認証取得
6ヶ月以上
(組織範囲・規模により工数見積り)
300〜600万円
社長の 今 打つべき手!!
(株)オンリーワン経営
代表取締役 経営コンサルタント 木村淳
(株)オンリーワン経営 代表取締役
経営コンサルタント 木村淳
SAP内部統制ソリューションコンサルタント
熊本県・大分県の震災についてお見舞い申し上げます。
2016年4月20日

熊本県・大分県の震災についてお見舞い申し上げます。
BCPの必要性を再認識しました。
災害は、忘れたころにやってくるから、災害は忘れる前にやってくるに変わってしまいました。