コンサルティングメニュー
社長の 今 打つべき手!!
(株)オンリーワン経営
代表取締役 経営コンサルタント 木村淳
(株)オンリーワン経営 代表取締役
経営コンサルタント 木村淳
働き方改革コンサルタント
医療介護コンサルタント

vol.45 「自己資本による経営」の基本

20060320 自己資本他人資本図.jpg

経営者の方とお話をしていると

「金融機関の為に仕事をしているようだ!」と嘆く方がいます。

B/S(貸借対照表)のバランスを欠いた経営を行っている方が大半!

B/Sは、資本の部と負債の部+資本の部から成り立っています。

負債の部+資本の部は、どこからお金を調達してきたか?です。

自己資本比率が低い=自分のお金で商売・ビジネスを

行なっていないことになります。

経営権は「お金の決裁権」「人事権」 2から成り立ちます!

自分のお金が少なければ、おのずと、「他人のお金」で経営する

ことになります。

経営権の「お金の決裁権」の半分を渡したようなものです。

この本質を理解せず、名義が社長だから、「決定権は社長だ!」とは

なりません!

自分以外のお金=借入金、資本家、買掛金先が多ければ多いほど

経営の自由度(決裁権の自由度)が低い経営になります。

X社の社長が、資金繰りが厳しいので借り換えを行なった!

ご紹介頂いたH社H社長さんには感謝している と言っていました。

????

X社は、H社に人事権を握られています!

資金繰りが厳しい本質は、本業が悪いことにあります!

目先の金融機関対策の問題ではありません!

詳細を聴くと この会社は、決裁権が社長には無くなっているのです!

お金の決裁権、人事権も社長にはありません!

悲しいことに社長にあるのは「連帯保証」だけです。

極端な事例ですが?

ベンチャー・零細企業、中小企業は安易に借入金に頼った

経営を行ってはいけません!

会社法改正で、1円の資本金でも株式会社は出来ます!

この法律上は、出来ますが、経営の本質=決裁権は別です。

お金の決裁権と人事権 「2つの権」を掌握できて初めて経営が可能です

« vol.44 金利上昇に対応し、BSの健全化を! | メイン | vol.46 新年度&中期経営計画&金利予想! »