コンサルティングメニュー
社長の 今 打つべき手!!
(株)オンリーワン経営
代表取締役 経営コンサルタント 木村淳
(株)オンリーワン経営 代表取締役
経営コンサルタント 木村淳
働き方改革コンサルタント
医療介護コンサルタント

vol99.日本版SOX法(JSOX法 内部統制) (7)

フローチャートからリスクを発見します。

業務のスタートから見て

(1)ITで統制するべきもの

(2)人間が「制度」で統制すべきもの

を大きく区分します。

(1)ITで統制すべきもの

  ①マスター

  ②プログラム

 です。

モレを無くすため、企業・部門にあるマスターももう一方で調べましょう!

標準化された会計システムを導入している場合は良いのですが、

アドオン、プログラムのカスタマイズにより「危険にさらされているマスター」が

あるかも知れません。

つまり、外部からマスター、プログラムを確保すること。

もう一方では、内部からマスター、プログラムを確保すること。

システム監査である程度は、アクセス等は制御されていると思います。

今回の日本版SOX法(JSOX法 内部統制)では、財務諸表に影響を及ぼす

側面でリスクを分析が必要です。

確実に制御、統制されていることを証明する必要があります。

この分野では、各社の状況に応じてIT投資が必要ではと思います。

(次号につづく)

(次号へつづく)

※バックナンバーは「社長の 今 打つべき手」をクリック願います

※※お問い合わせはお気軽に

※※※コンサルティングのお見積り・問い合わせもお気軽に!!
  コンサルティングお問い合わせの方にもれなく、
  内部統制(日本版SOX法 JSOX法)三点セットサンプル進呈

« vol98.日本版SOX法(JSOX法 内部統制) (6) | メイン | vol6.体で聴く! »