コンサルティングメニュー
社長の 今 打つべき手!!
(株)オンリーワン経営
代表取締役 経営コンサルタント 木村淳
(株)オンリーワン経営 代表取締役
経営コンサルタント 木村淳
働き方改革コンサルタント
医療介護コンサルタント

vol247.GM報道の陰で

5月29日 日経1面 信金・信組の区分撤廃

しかも、相互の組合資格・会員資格の緩和も含め

織り込むこと検討とのこと

5月29日 地銀109行 前期4138億円の赤字

(日経4面 左下 記事)

同日 証券化商品 発行額45%減

5月30日 全国信用組合連合会 公的資金活用検討

2日間の記事で、信金・信組の垣根が崩れると同時に

融資対象企業が地銀顧客基盤へも広がる。

また、証券化商品の買い手の多くに地銀もあり

地銀は運用先や運用手段が少なくなる。

地域経済も厳しく、融資先がないのと

貸し倒れ償却増で、今後も決算は厳しいと判断。

個人への融資も「住宅着工4月32%減」と

住宅ローン需要そのものが、減少し回復していない。

2005年当時から申し上げていた

信金・信組、地銀の再編必至である。

金融再編は、企業淘汰、再編にもつながる。

企業は、他人資本に頼った経営から脱却が必要。

本業から掛け離れた事業で赤字の場合には

即刻、清算や売却をお勧めする。

本業が厳しい業界では、本業周辺の事業化がチャンスである。

後 2年は資金繰り中心の経営で乗り切ろう。

執筆:株式会社オンリーワン経営 代表取締役 木村 淳

« ビジネスで失敗する人の10の法則 | メイン | vol245.「膨張経営」への序曲 »