コンサルティングメニュー
カーボンフットプリント『Q&A』
株式会社オンリーワン経営 代表取締役 木村 淳淳

No2 カーボンフットプリント取得の費用対効果は

経営者の方から多い質問です。
カーボンフットプリントは、「道具・ツール」です。
2011年1月現在 CFPは国の試行事業です。


取得だけでは、様々な費用が発生するだけです。
取得だけを目的とした場合はお進めしません。

結論:取得だけでは、効果は全くありません。
オンリーワン経営では、独自ノウハウに基づき「グリーン戦略づくり」を中心にご提案しています。
具体的には、貴社の決算書や販売実績、製造現場の状態を調査します。
多くは、「定番品」「主力商品」「既存製品」=粗利益額の多い商品の「リ・ブランディング化」をお薦めします。
既存製品で既存市場のどのマーケットを狙うかが勝負です。

パッケージの変更は、マーク取得で発生します。この費用は、最低限発生します。
しかし、「既存製品」は、ライン変更に伴う設備投資や人的投資は必要ありません。マーケットの変化に対応していなかったり、セグメントやターゲッティングに課題があるケースが80%以上です。製品の強みや特長を活かし軌道修正やピント合わせをご一緒に行います。同行訪問。製造現場・物流現場には「軌道修正やピント合わせ」のネタが沢山転がっています。どのような企業・製品でも収益アップの余地があります。
製販調整や社内コミュニケーション一つとっても大きく変わる余地があります。
特に消費材系は、数多くの収益アップノウハウを持っています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1.大手コンサル会社の2〜3倍以上の日数をかけ取得までご支援します。 

大手コンサルタント会社は6日程度ですが、オンリーワン経営は

14日〜21日程度日程を使います。

貴社内での対応が難しい場合は、「PCRの作成」「CFP申請書作成」を

行っています。

また、文書による事前検証、対面検証にも同席します。

対面検証後に発生する指摘事項への対応も一緒に行います。

表面的日数ではなく「検証」について責任を持って取り組みます。

大手では対応できないことについて、一緒に汗をかいて対応します。

(実際汗をかいてきました。実績はいつでも示すことが可能です)

2.CFP申請書の中で重要なウェートを占める、

 (1)「データ入力と算出結果の詳細」

 (2)「データの根拠」について責任を持って対応します。

 実際、難しいといわれていたCFP検証を達成しました。

「農業・水産業」「食品関連」は、CFPの中でも難しい分野が多いです。

オンリーワン経営では責任を持って対応します。(対応しました)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

« No1 ISO14067 どれくらいの時間と人数がかかるの? | メイン | 「グリーン戦略推進」コンサルティング概要(オンリーワン経営独自コンサルティング) »