コンサルティングメニュー
カーボンフットプリント『Q&A』
株式会社オンリーワン経営 代表取締役 木村 淳淳

No4 CFPとISO22000の違い〜食品系の企業からの初歩的な質問〜

CFPとISO22000の違い
ISO規格には様々な内容があります。
簡単に申し上げると
22000は、食品製造業を中心とした品質・衛生管理の「仕組み」規格です。
14000は、全業種対象とした環境に関するマネジメント(経営管理)の「仕組み」規格です。
14000の、「子供」=長男にCFPが入る予定です。
CFPは環境の仕組みの中でも、CO2に特化しています。
その他、「水資源」や「生物多様性」など2〜3人兄弟が出来る予定です。

同じように22002は、食品品質・衛生管理の「仕組み」規格の
「子供」にあたります。
お父さん:品質の「仕組み」規格9000 と
お母さん:衛生管理のHACCP規格 の
長男(子供)として22000は、生まれました。

孫が、22002となります。
英国規格PAS220 外国人の奥さんと結婚し、FSSCとなりました。
特長は、衛生管理に関するハード・ソフト面を強化した孫になります。
22002は、これまで、参考程度でした。
22002は、ここ1〜2年で成長し(社会的ニーズが高まり)、成人式を迎える予定です。


正確ではありませんが、こんな感じでしょうか?
番号やアルファベッドの惑わされずに全体を理解して頂ければと思います。

« 「ふくしま この人に訊く」に出演しました | メイン | 東北関東大震災お見舞い申し上げます »