コンサルティングメニュー
カーボンフットプリント『Q&A』
株式会社オンリーワン経営 代表取締役 木村 淳淳

No7.政府 エネルギー・環境会議とカーボンフットプリント

2011年7月29日 政府のエネルギー・環境会議は、

当面のエネルギー需給安定策と

「革新的エネルギー・環境戦略」の論点をまとめました。以下

『第三次補正予算に関係が深い(取り組みが必要な)項目は、

「Ⅲ.目標達成に向けた具体的な対策」

(1)ピーク時の電力不足とコスト抑制に向け、

  まずは需要構造の改革に重点

①省エネ商品の導入促進

②産業の省エネ投資の促進

③住宅や工場・ビルの省エネ投資促進

④家庭も含む需要家による投資促進

⑤スマートメーターの導入促進

  それを活用した需要家に対するピークカットを

  促す料金メニュー

⑥地域ぐるみの節電行動への支援

 地域における分散型エネルギーの

  地産地消システムの構築や

  地域主体の発電事業者の育成

⑦就業日・時間のシフトなど社会行動改革の促進』

と重点を明記しています。

特に①②③は経済対策とも連動して

第三次補正予算でクローズアップされると判断します。

カーボンフットプリントは、省エネ商品マークの色彩が強くなるのではと

感じています。

CO2が少ない商品は、電気でも石油系エネルギーでも、ガスでも

エネルギー効率、エネルギー消費が少ない商品です。

省エネ商品=カーボンフットプリント商品です。

早期に「システム認証」へ持っていき広く社会や消費者へ認知頂く必要が

あると思います。

当面のエネルギー問題解決の次は再度「CO2」問題が待ち受けています。

« No.8.政府エネルギー・環境会議の要旨よりEnMS/ISO50001を予測する | メイン | No.9.政府エネルギー・環境会議の要旨より企業は「エネルギーレビュー」手法を導入せよ! »