コンサルティングメニュー
カーボンフットプリント『Q&A』
株式会社オンリーワン経営 代表取締役 木村 淳淳

No8.カーボンフットプリント削減率表示を消費者コミュニケーションへつなげる

カーボンフットプリント(以下CFP)について削減率表示が可能となりました。

次年度以降、既に取得済み企業との差は大きく開きます。

CFPは、消費者とのコミュニケーションツールです。

また「省エネ商品」「エコ商品」へのブランド構築のツールです。

2012年に向けて、システム認証(ISO90001等)と同じように

マネジメントシステム認証(あるいは検証)になるよう検討されています。

目先の電力消費削減ではなく、エネルギー消費削減、

CO2削減が企業にとって大きなテーマです。

実際削減すると、コストが下がります。

当たり前のことですが、売上を維持すれば利益は上がります。

中堅・中小企業で「エコだ」といっても消費者は、見向きもしませんん。

早期ブランドイメージ確立・ブランド化には「公の認証」を

取得することをお勧めします。

CFP認証取得は㈱オンリーワン経営へ!

« No.9.政府エネルギー・環境会議の要旨より企業は「エネルギーレビュー」手法を導入せよ! | メイン | No10.企業のエネルギー対応策「過去の事例に学び、準備する」 »