コンサルティングメニュー
カーボンフットプリント『Q&A』
株式会社オンリーワン経営 代表取締役 木村 淳淳

No20.1製品も複数製品もコツを押さえれば一緒です。

1社で複数製品の取得を狙いましょう!

特に主力商品(粗利の大半を稼いでいる商品)は

全て取得することをお勧めします。

1製品(アイテム:品目)も複数製品(品目)も

コツを押さえれば一緒です。

ある企業様で、複数製品混在型小袋の質問がありました。

内容物が一番(CO2の排出量が)多いと思いました。

原材料調達と生産段階です。

(詳細データは計算していないので)

小袋に分ける最低容量(g、kg等)でベースを作ります。

最小単位で算出します。

20種類あれば、20種類のベースを準備します。

同じ工場で作っている場合は、

電気、ガス、石油、水道などは按分します。

生産数量で按分を行うと思います。

ということは、1製品でも20製品でも同じです。

ここは、エクセルで準備します。

その後、異なる部分のみ数値を変えます。

例えば、包装容器に関連する部分

梱包資材に関する部分などです。

すると、思った以上に簡単に全製品計算が可能になります。

2011年度複数製品の取得に関わりました。

終わって振り返ってみると

PCRを良く理解すると、計算は至って簡単であったと

反省しているところです。

上記の質問があったので、その場で

項目のグルーピングをしてみると

簡単なやり方があると思いつきました。

2012年度以降、是非全製品取得を目指してください。

※※ちょっとPR※※

お困りでしたら、ご用命願います。

検証・取得まで責任を持ってお手伝いします。

一緒に汗をかきます!!

« No19.シナリオの有効な使い方 | メイン | No8.FSSC22000、ISO22000に予防処置がない理由は? »