コンサルティングメニュー
カーボンフットプリント『Q&A』
株式会社オンリーワン経営 代表取締役 木村 淳淳

No22.2012年12月を目途にISO 14067として発行される見込みです。

カーボンフットプリント(以下 略 CFP)は、

2012年12月を目途にISO 14067として発行される見込みです。

いよいよISOとして登場です。

商品単独よりもシステム認証にて、収益商品・製品は

全てCFPマークを付けて販売することをお勧めします。

当面の第一段階は、CO2の排出量の過多よりも、CFPの認知度向上

第二段階は、削減幅、削減率表示にて、差別化商品(製品)として投入する。

ある製品ですが、CO2排出のウェートが高い原材料を

国内品に変えると、原材料コストも下がりますし

CO2の排出量も大幅に削減されます。

国内品に変えることにより価格競争力もつきます。

消費者からみても、価格は下がり、CO2が少なければ(既存製品と比較して)

十分な購買動機になると思います。

第三段階は、カロリー表示や成分表示と同じように

表示してあって当たり前になると判断しています。

特に最終消費財は、5年から10年後には

表示は当たり前ではないかと判断しています。

根拠は、大手流通のイオン様がトップバリューブランド(PB)で

システム認証を取得したこと

また、日ハム様もシステム認証したことによります。

システム認証ではないですが、全農様が玉子(鶏卵)で

9品目 検証済みです。

他、大手企業の事例は沢山あります。

CFPのHPにて検証済み商品と企業名を確認してください。

貴社へ影響を及ぼす商品や企業があるはずです。

2012〜13年は、転換点になってくると判断しています。

検証の受け付けは、4月以降スタート

検証そのものは、夏以降(7月くらい)スタートという情報がありました。

« No21.カーボンフットプリント(CFP/ISO14067)システム認証 | メイン | 2012杜の都ハーフ完走しました »