コンサルティングメニュー
働き方改革
(株)オンリーワン経営
代表取締役 経営コンサルタント 木村淳
(株)オンリーワン経営 代表取締役
経営コンサルタント 木村淳
働き方改革コンサルタント
医療介護コンサルタント

№2 業務のメニュー表を作る、見える化する

生産性向上の道具として「業務のメニュー表」作成をお勧めします。
カフェやレストラン、コンビニ全てメニューがあります。
同じように、仕事についてもメニュー表を作成します。
メニューの見える化を行います。

ステップ1 簡単なメニューをつくる
 業務名 必要な時間 料金(1時間1800~3000円)
 コーヒー 1杯 330円
 〇〇A業務 10分 330円
 〇〇B業務 20分 660円
 〇〇C業務 30分 1000円
 こんな感じです。

ステップ2 定食メニューをつくる
 ランにメニューに、サラダやコーヒーが付いているように
 定型業務について、セットとなっている品名=業務名を
 明確にする
 定食メニュー=定型業務メニューと 必要な時間 料金(1時間1800~3000円)
 棚卸業務 180分 6000円(セットとなる業務名も書いておく)
 請求書確認 180分 6000円
 出勤簿入力・未記入者等の確認 480分 16000円

ステップ3 A5、A6用紙に、上記1・2のメニューを作成する
 1件1様
 ラミネート加工する
 両面に文字 文字の色や紙の色を変える
 時間内に終わった場合、裏返しにして(色が変わる)で見える化する

ステップ4 各人毎 本日の業務(メニュー)を張り出す
       金曜日に翌1週間分がベスト

ステップ5 遊びながら(気楽な感じで)実行する
ステップ6 上司は時間内に終わっり、裏返しになっている(色が変わる)仕事を
       めちゃくちゃ褒める(10回以上 嫌味ではなく)

« №315 経営のPDCAサイクルを回す | メイン | №3 営業の生産性向上 »