コンサルティングメニュー
働き方改革
(株)オンリーワン経営
代表取締役 経営コンサルタント 木村淳
(株)オンリーワン経営 代表取締役
経営コンサルタント 木村淳
働き方改革コンサルタント
医療介護コンサルタント

№9 生産性はまだまだ上がる!!

仕事のアプリケーション化のお手伝いをして
強く思っていることがあります。

生産性はまだまだ上がる!!です。

各社導入している
既存システムの機能を50%以上有効に活用し
「利益」に結び付けているなあ 
と思える企業は10%程度です。

原因は
(1)経営者が現場業務とシステムを理解していない
(2)管理者もシステムの機能を理解していない
   管理者自身が使えない
(3)システムへインプットする前の業務の
 【標準化】【基準の統一】【平準化】を行っていない
  人財に起因した問題を解決していない

アプリのお試しで訪問すると10社中過半数はこの問題です。

一方システム会社の社員に
「そのシステム導入して利益貢献するの?」と聞くと
上手く話しをそらします。
「すごい!」と思う切り替えし話法です。

利益や儲けを中心に考えるコンサルタントの立場からすると
投資 対 リターンなので、
このシステムやアプリを使い、こんなデータをとると
儲け(利益の源泉)がありますよ!と言います。

(1)経営者が現場業務とシステムを理解すると
   一人当たりの限界利益は20%程度はあがると思います。

(2)管理者がシステムの機能を理解する、有効に使えると
   一人当たりの限界利益は10%程度はあがると思います。

(3)システムへインプットする前の業務の
 【標準化】【基準の統一】【平準化】
 上手くすると200%行くのではと思います。

近頃 訪問した企業 1時間のヒアリング実施。
既存システムの有効活用でA工程の投入人数が
1名/日の削減が可能でした。

人手不足の折、浮いた1名を他の「利益につながる」業務へ異動。
既存システムの有効活用で2名分稼ぐことのなります。

残念ながら弊社コンサルティングにはつながりませんでした。
お客様の利益貢献につながったと思うので良かったと思います。
該当企業の業務について
【標準化】【基準の統一】【平準化】という視点で見ただけです。
システムの問題ではなく、管理者のマネジメントの問題でした。
その管理者のマネジメントの問題を、
システムの問題と勘違いしていた経営者の問題です。

まだまだ生産性はあがります!

自虐ギャグ
このようなアドバイスでお金を頂ければ、私の生産性も200%UPかな?

オンリーワン経営の強み・特徴は
アプリのカスタマイズ化によって、
特にシステムへインプットする前の業務の
 【標準化】【基準の統一】【平準化】
を改善することです。
更に
アプリ化と管理者のマネジメントの問題を
同時に解決することです。
この点は、自信を持ってます!!

« №8 働き方改革 業務改善のやり方4 アプリ化 | メイン | №10アプリ化の事例1 製造業X様の事例 »